今日もHALと散歩

gajumaruko.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:読書日記( 53 )

読書日記


  『あの日のそのあと風雲録 ~夜ふけのなわとび2011~』  林真理子著

 昔は全く心に響かなかったのに、なぜか最近 こんなエッセイが面白い。
 林さんがあの大きな震災について どう書くのか とっても気になって。。
  
 
 そして ステキな先輩方を見ていると この先まだまだ頑張らないとと思うのです。
 

 これまですべてが子供中心、手もかかる。。目もかけないと。。もちろん心も。
 けれど、これからは私にできることは 大盛りの温かいご飯とお布団を用意してあげることくらい?
 


 数学ももう教えてあげられないし
 重い荷物も持ってくれちゃうし
 今日会った非常識な人について文句を言うと 冷静に切り返される
 すんなり納得…

 

 だんだん そんな風になって
 あと数年したら またひとり ふらりと旅に出たりできるようになるんだなあ…
 
 だから まだ諦めずに 夢持っちゃっててもいいよね。なんて、思えるのです。
 
 

 あ~楽しみだなあ。。
 


 林さんも ビッグダディ見るんだ~
 これが一番の衝撃だった…
 








                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2013-02-14 16:20 | 読書日記

読書日記

     
   『珍獣の医学』 田向健一


  どうぶつ病院に来る患者は犬や猫に限らない。
  初めて治療するさまざまな動物たち。
  手を差し伸べなければ 死んでしまうかもしれないその命に
  どうやってアプローチしていくか。

  怖い、ほんとに怖い
  命かかってるんだから!
  飼ってる以上は 責任もって事故起こさないように気をつけよう。。
  出来る限り気をつけよう。
  なんて 肝に銘じました。

 



 
   『おいで、一緒に行こう』 森絵都
 
  福島原発20キロ圏内のペットレスキュー
  もう涙をポロポロと流しながら読みました。
  途中は号泣。。
  
  置いていかなければいけない、連れて行けない
  どうしよう
  私だったら できるのか  
  リードを放して
  追いかけてくる犬を振り切れるのか
  
  あの大きな地震の後から
  HALは 地震がくると さっと膝に乗ってきます。
  震えながら。
  よほど怖かったんだね。

  今できることは…しつけ。
  何かあった時、周りに迷惑をかけないよう
  まずは吠えないように。




  
  

 

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2013-02-09 22:47 | 読書日記

読書日記

     『世界を、こんな風に見てごらん』 日高敏隆著

     難しいことが 
     さらりとやさしい言葉で 書かれているので
     思わず こちらもさらっと読んでしまうのですが
     
     動物や昆虫とのスタンスが不思議で
     読んでいくと なるほど!
     動物学では 人間も海の中の生物も
     どちらが進化していて どちらが上という発想をしないのですね

     やさしく 愛にあふれています
     
     


    
     
         

    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-10-18 16:59 | 読書日記

読書日記

     
     暑い!暑い!すべてのやる気を奪うこの暑さ。
     気づいたら 早1ヶ月…このブログもほったらかし^^;
     子供たちは 海にプール、サッカーに英語、そして塾
     何の予定もないのは 私ひとり

     というわけで 
     本の世界へいってまいりました。



     ゴールデンスランバー       伊坂孝太郎
     大きな熊が来る前に、おやすみ。  島本理生
     植物図鑑             有川浩
     私のこと、好きだった?      林真理子
     人生ベストテン          角田光代
     ステップ             重松清
     数学者の休憩時間         藤原正彦
     そうか、君はもういないのか    城山三郎
    
     …
    
     覚えている限りですが、
     いかにも乱読!
     忘れてしまった何冊かは
     心に少しも感じるところはなかったのか…

     なんの系統もなく
     ただそこにあるから読む。みたいなね。



     本棚の片隅にあった 『キャンディ キャンディ』懐かしすぎる~♪
     マンガをよむと ことさらひどい頭痛がするので 
     マンガは読まない(読めない)のですが
     これだけは 全巻揃っているのです!

     こんな暑くってやってらんないよ~と何だか読み始めたらとまらない!(^^)!
     おもしろーい!
     あれ?でも 昔と泣きどころが違う…
     
     
     
     さて 現実の世界に戻りましょう
     夏休みも終わった!
          

     
     
     

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-08-26 22:39 | 読書日記

読書日記

     『今日、カレーとシチューどっちがいい?つれづれノート18』 銀色夏生著    

     また新刊が出ました。
     毎日 お風呂ですこーしずつ もったいぶりながら読んでいます。

     もうすでに 大きく頷きたくなるところが。
     
     

        自分の言葉に置き換える 
        肌で感じて 胸に沁みこませて
        そして 自分の結論を
        密かに 大事に育て上げる    


     
     どんな経験も 少しも無駄になることはないのだろう。
     そう思うと
     がんばっておくか!って気分になる私。
     
      
     あ~ 単純♪
     
     
     
          



     
                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-07-09 17:03 | 読書日記

読書日記

 
     『頭痛女子のトリセツ』 清水俊彦著

     わたしはひどい頭痛持ちです。
     
     この本の中にあるように、
     うるさくて人の多い明るいところは
     本当に苦手。   

     映画館、花火大会、夜の高速
     大きな仕事から解放されたとき
     天気の悪い朝
     本に夢中になったあと
     直射日光…
     
     挙げたらきりがないけれど
     さすがに 片頭痛のお薬が開発されてから
     ずいぶん コントロールできるようになりました。
     
     どれだけ本を読んでも頭痛が起きなければいいのに
     私の 数少ない願いのひとつです。


     トリセツ…って
     頭が痛いときは 取り扱っていただかなくて結構
     そっとひとりにしてほしい
     それが本音^^;

     
          




    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-07-07 22:18 | 読書日記

読書日記

     『終の住処』 磯崎憲一郎著

     どうしてこんなことになってしまったのだろう
     
     冒頭の一節
     ほんとに。

     


     子供(兄)が、私の本棚に興味を示しだした…
 
     私は買った本は 決して 捨てません
     なので、小学生の時に大好きだった詩集や
     夢中で読んだ赤毛のアンシリーズ
     SFからティーンズ向け、いまは手に取らない類のものが
     静かに 片隅で 鎮座しています

     あれもいいよ
     これもおもしろい

     話し出すと止まらなくなる自分に
     いけないいけないと必死にブレーキをかけてます

     本だけは、
     楽しく読んでほしい
     読みたいものを
     読みたいときに
     
     
     学校の先生にも
     塾の先生にも
     そして 母にも
     誰にも 強制されずに


     私の本棚は いつでも開放中
     私にとっては 宝の山
     
     宝探ししてごらん♪


     
    
          

    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-06-30 18:31 | 読書日記

読書日記


     『ひとり日和』 青山七恵著

     一息におばあさんになったら 面倒なことから逃げられるかも
     なんて
     ああ ぜいたくな悩み

     でも 生きにくい感じはよくわかる
     若さ故のね

     
     
    
a0117568_13583288.jpg
 
      


     昨日の西の空
     みるみる焼けていく
     
     
     
     
    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-06-22 14:00 | 読書日記

読書日記

     『空の中』 有川浩著

     空に浮かぶ不思議な生物
     得体のしれないその生物が言葉を会得し
     高校生の男の子に 絶対的に従順していく

     何かに似ている…?

     それは絶対に嘘をつかない
     男の子の望むことを
     男の子の喜ぶことを
     ただ無条件にする 何の疑問も持たずに。

     せつないまでの
     男の子に対する態度に
     なんだかやりきれなくなり

     ちがうよ この本はそういう本じゃないはず

     なんて思いながら、
     これは HALだ!!
     私はきっと うちの犬とすり替えて読んでいたのだ

     それはともかく

     この作者の本は
     本当に読み終えた後、台風の翌日の快晴の朝みたいな
     すっきり クリアな気持ちになれる

     あ~もっと読みたい!
           

    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-05-15 22:44 | 読書日記

読書日記

     『永遠の詩・茨木のり子』 茨木のり子著

     倚りかからず という詩が好きでそんな凛とした大人になりたいと
     ずっと思っていました。
      
     思い返すと
     国語も 読書も昔から好きだった。
     本質は変わらないのかな。
     今でも この詩を読むと 心引き締まる思い。

     たるんだ気持ちに 渇を入れてくれるような詩が多い中
     みずうみ それから 汲む
     この二つの詩は
     今、この私だから 心惹かれるのかも。


     春にまつわる日本語は 美しい。
     
     春霞
     花冷え
     桜守
     
     日本語って
     ほんとに美しい。
     
     
     大事に大事に 
     味わって読書しよう。        

    

                          *花レッスンと制作   がじゅまる工房
[PR]
by gaju-ju | 2010-04-07 20:53 | 読書日記
line

HALと本、ときどきお花


by gaju-ju
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30